浅草・吉原

asakusa

浅草エリア

浅草は「浅草寺」で有名な観光スポットで東京下町の代表的なエリアの1つです。浅草寺の入口の雷門には、多くの観光客で毎日のように賑わっていて周辺を人力車で観光する風景が定番になっています。橋を渡ればすぐに「東京スカイスリー」があり、大衆居酒屋がが並ぶ通称ホッピー通りや「浅草花やしき」など日本人から外国人まで観光の定番スポットになっています。

浅草・吉原の風俗

浅草の裏側には、江戸時代に花魁で有名な「吉原遊郭」、現在の吉原ソープランド街があります。吉原は関東最大のソープランド街で吉原の名は誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。この狭いエリアだけにソープランドが100店舗以上あります。最盛期には200店舗以上あったようです。以前は吉原ソープというと高級店が多く「大人の遊び場」という印象がありましたが、近年は、大衆店が多くなり若者でも気軽に遊べるお店が増えてきています。

それでも吉原を代表する高級店も健在で、大人から若者まで幅広い層が遊べるソープランド街になりました。年々店舗数が減少している影響からか朝早く(日の出)から営業している早朝ソープは少なくなってしまっているのも残念です。吉原も時代と共に変わってきており、大衆店が増えてきていることから女の子によってはソープランドの醍醐味であるマットプレイが出来ないなんてことも増えてきているようで、こちらも残念な気持ちになります。

浅草・吉原のデリヘル

浅草・吉原エリアには、吉原にソープランドがあるのみで、浅草国際通り沿いにキャバクラやガールズバーなどがありますが風俗店はありません。浅草には浅草寺裏手付近の中心に多くのラブホテルがあるので、それらを利用したデリヘルが浅草風俗の中心になっています。

浅草観光で訪れる人たちの夜遊びは、浅草周辺で一杯飲んだあとはタクシーか徒歩で吉原ソープランドに行くか、宿泊しているホテルにデリヘルを呼ぶかのどちらかになるでしょう。近隣の上野や鶯谷に多くのデリヘル店があることから、浅草エリアにも派遣可能なお店がたくさんあります。鶯谷が近いことから人妻デリヘルや韓国デリヘルがおすすめになります。

You may also like...